三日坊主卒業チャレンジw

日記/ロードバイク/筋トレ/思ったことを主成分とする、かっちゅんの文章力向上委員会。

ツールド北海道Aクラス

一度SNSでは結果を報告をしているけれど、ミスがあったのであらためて。

 

Aクラス、総合5/108位

     上級者1/42位

タイム、1:40:04(Ave40.77km/h)

f:id:katchunn:20170911090022j:plain

 

Aクラスは、JCF登録者と上級者(未登録者)の二つにカテゴライズされている。

が、スタートは同時であるため二つの順位がでる。

レース単体でみれば4人に負けたということになる。

エントリー時は今シーズン中の競技登録は考えていなかったため、上級者カテゴリでの出場。

 

以下、レースレポート。

 

朝5時起床。

今回は万全を期して朝食を早めに取りたかったので、集合場所から比較的近い宿だったがこの時間起床。

 

天候は予報通り雨。

がっつり雨。

 

フリーダムで洗車させてもらった分が会場につくころには台無し。

 

しかし、その程度でメンタルが変わるほどの心構えで北海道まで来たりなんてしない。

むしろ雨のラインレースなんて初めてだし、若干楽しみだった。

 

会場について、出場することを事前にしれたU15全日本チャンプのキリ君と少し会話をして心を落ち着かせる。

f:id:katchunn:20170911085941j:plain

こんなかわいい顔してフランスで勝ったりしている強者。

まだビギナーとかのクラスでヒイヒイしているころ同じレースを走り一緒に動いたりした時から仲良くさせてもらっている。

 

その後、開会式も終わりテントで雨宿りをしていると、隣の人から話しかけられる。

TAGのタグチさんだった。

普段こけしさん等にお世話になっているので会話も弾んで、よりリラックスできた。

 

会場入りが少し遅めだったのでスタート位置は若干後ろ目。

タグチさんに、早く上がってきてね、と言われたので、なるべく早い段階で上がれるよう心の準備をしてスタート。

 

国道に入る前の400mでそれなりにポジションをあげることができたが、タグチさんがいる先頭まではまだまだ。

変なところで落車するのも嫌なので、しばらくその位置で脚を落ち着かせる。

 

中国道から逸れて旧戸井線に入ると少しアップダウンが始まる。

フリーダム練、そしてアップダウンに富むツルペタ千葉県での練習が功を奏してその区間で一気に先頭にあがる。

お待たせしました、とタグチさんに挨拶をして先頭のローテに加わる。

 

地元が函館であるタグチさんはコースを熟知しているので、トンネルや下りといった、ウェットコンディションでは危険なポイントのタイミングを事前に教えて下さり、難なくこなせた。

このタイミングであがっておいて良かった、と心の底から安堵。

 

旧戸井線を抜けて、道道879→83号と申し訳程度のアップダウンを先頭集団でこなし、道道41号に入り登りスタート。

序盤はアップダウンを交えた登り基調の緩斜面。

 

特に目立った動きもなく最後の平均勾配6%、1kmの登りに入る。

そこでブラウのカイドウさんがアタックをかけて飛び出る。

一気に上がった集団のペースにうまく反応できなかったのか、信州大学の選手が前方でバランスを崩し、大きく蛇行して左につっこみ大規模な落車。

ほぼ中央にいた僕はうまく進路を逸らし間一髪のところで避ける。

しかし、ぼくの左の方にいたタグチさんは完全に進路を絶たれて足止め。

なんとか止まり切り落車はしなかったようだが、完全にドロップ。

タグチさんの分も頑張ると気合を入れるが、いったん離れてしまった先頭とのギャップが大きすぎて山岳賞は獲れず、おそらく6位くらいで通過。

 

先頭にとっちゃチャンスなので下りもバンバン踏みまくる。

なかなかつまらないギャップを、周りの選手と協力してなんとか捕まえる。この時点で先頭集団は10名ほど。

後ろとのギャップは20秒ほど。

 

この時点であることに気付く。

会話を交えつつ、息を整えながら最高峰のラインレースで、実業団選手に交じって、”先頭集団”で走れているのである。

最後のラインレースは2年前のツールド沖縄

その時は先頭なんて遥か彼方。

自分のいる何位集団かわからないところからもドロップしていた。

素直に感動していた。

 

気持ちを入れ替え、ギャップを保つためみんなで回すが、徐々につまり、結局つかまってしまう。

 

若干先頭で回すのに疲れたし、しばらく大した登りもないので後方に下がりフィーディング。

ここでも、俺いま先頭集団の中で両手離して補給してる…と感動。

 

補給を終え、脚もリフレッシュしたので少しづつ前に戻る。

 

そして、試走の際ここで最後のセレクションがかかるだろうと予想していた300mほどの登りに差し掛かり、大胆なアタックはなかったがそれなりのペースで登る。

フリーダム練でこういうキツさには慣れているのでちゃんとついて行けた。

 

ここで残り15kmほど。

ここからはほとんど平坦。

いっきに集団のペースはあがり、ポジション争いが激化。

実業団の選手も多く距離も近かったが、ここのところホビーレースは最高クラスで走っていたため、難なくポジションキープできた。

 

そして残り1kmほどになったところでエルドラードのオクヤマさん含む上位入賞者が一気にぺースをあげ、それに呼応して集団のペースも一気に上がる。

 

ここでも落車発生。

僕の右前方すぐのところで大規模な落車。

宙にういたタイヤが腕に当たったが、鍛えていたフィジカルのおかげか、バランスを崩さず先頭にドッキング。

国道から右折して残り400mの時点で7~8位くらいまでしかあげられなかった。

一気に加速して順位を上げるが、捲り切れず、5位。

 

最大パワーはそれなりについているが、スプリントのタイミング、位置上げ、等の技術面に課題があるようだ。

 

湾岸練では人数も少ないため、ちゃんと集中していれば勝てる。

フリーダム練もい同じく。

そういった経験から少し調子に乗っていたのかもしれない。

 

ラインレース、というよりロードレースで勝つことの難しさを知った。

 

レース後は自信のあったスプリントで負けたこと、たくさんの方に応援していただいたのに負けたこと、フリーダムの強さとGOCHIの強さを示すチャンスを逃したこと、タグチさんの無念を晴らせなかったこと、たくさんの思いがこみ上げ、泣いた。

 

しばらく動けなかった。

 

 

店長の声が聞こえた。

去年末、本気でレースに取り組もうと意識が変わった時の一言である。

 

「その悔しさを忘れるな」

 

この悔しさは絶対に忘れてはならない類のものだと確信した。

直近のレースに持ち込みはするが、最終的には必ずツールド北海道で返す。

 

悔しさは与える側の人間でありたい。

 

 

一応の表彰式。

f:id:katchunn:20170911101039j:plain

なんだかんだ一人でてっぺんに立つのは初めて。

賞状とトロフィーをもらって、やっとポジティブな気持ちになれた。

 

まがい物ではあるが、やっと愛車のニローネ君にトロフィーをプレゼントしてやれた。

通学用で買った時から、こけたりなんだりでたくさん迷惑をかけた。

事故からも守ってくれた。

 

今までありがとう。

これからもよろしく。

 

 

夜は、せっかくの函館なのでもとより決めていた海鮮丼&日本酒を決めるために函館駅に向かう。

入ったお店は、うにのむらかみ。

ウニの殻焼き、豪華海鮮丼、むらかみの日本酒。

f:id:katchunn:20170911101627j:plain

f:id:katchunn:20170911101700j:plain

f:id:katchunn:20170911101727j:plain

うにが苦手でも、食べられるようになる。

そんな噂は本当だった。

証拠は僕という存在。

僕はうにが苦手だったのだが、一口食べるごとに30秒ほど思考停止して虚空を見つめてしまうレベル。

なんてこったい。

 

語彙力を失った僕は、良さめの居酒屋で単品注文で飲んで食ってとした時ほどの代償を払い、宿に戻って力尽きた。

 

二日間だけだが函館でいろんな経験ができた。

ありがとう函館。

 

 

月曜日は北海道大学の知り合いに会うため札幌に行き、少しだけ走る予定。

 

 

ではでは!

北海道1日目、試走

昼の便で羽田をでて一時間のフライトを経て函館空港着。

 

受付とチェックインを済ませるが…

 

風が強い。非常に。

 

 

もうやる気失せて、そんなきつい登りじゃないし試走しなくてもいいかなー…とは思いつつも、脚に刺激を入れるにこしたことはことはないので、宿に荷物を置いて走り始める。

 

R278を走っていると、1名試走の雰囲気が漂うローディ発見。

追いついて話を伺うと、ビンゴ。試走である。

 

ここでやる気スイッチオン!

大阪よりお越しのヤマグチさん、本当にありがとうございました。

 

コースは、競輪場からR278に出て、途中で内陸にちょこっとズレて旧戸井線というところを走り、道道879→83→41号で山岳ポイント。

その後下ってR278を走り再び競輪場でフィニッシュ。

 

途中細かなアップダウンがあるが、フリーダム練に比べれば大したことなし。

ついていくことを単純に考えていれば大丈夫そう。

 

ということで、コースの大部分を簡略化し、山岳区間のみフルで走る作戦。

 

細かい感想やらはレースレポートで書くが、2点だけ言うと

・試走してよかった

・鹿野山の試走は意味をなさなかった

という感じ。

 

もともとハイペースになることを予想してはいたが、それを上回るかも。

 

色々な場所で頑張るだの応援しろだの言ってしまったからには、それなりの結果を残さなければならない。

f:id:katchunn:20170909223317j:plain

 

がんばってきます。

 

 

 

ではでは

目標は具体的に。そして店長からのオーダー。

今日はレース前のルーティンである洗車DAY。f:id:katchunn:20170908224640j:plain

 

洗車しながら店長と少し話したのだけれど、目標は数字を含めて具体的にとのこと。

その流れで店長からオーダーを受ける。

 

①2年以内に店長を抜け。

②3~4年後以降は、ニシと二人で中心となってE1総合優勝しろ。

 

これを踏まえて目前の目標として自分で立てたのは、

 

2018年シーズン中

・来月の輪島から含めて6戦以内にE1優勝

・レースで店長に勝つ

 

簡単なことではないことは明白。

目標を立てたからにはどんなに暑く堅い壁でもぶち壊すしかない。

 

E1で活躍している方々がこのブログを読んでいるかはわからないけれど…

至らぬところが多い若造ですが、精一杯頑張りますので、練習やレース含めて今後ともよろしくお願いします。

 

 

ここが僕のレース人生における一つの転機である。

正念場だ。

 

頑張ろう。

 

 

 

ではでは

9/7鹿野山

ツールド北海道に向けて、ここのところ登り方を変える努力をしていた。


ニシによくアンデッドと持て囃され楽しんでいた。

ヒルクライムではそれで記録が残せても、ロードレースでは登坂での千切れが致命的になることがほとんど。


ツールド北海道では勝ちたいので、苦手な人に着いて行く登坂を意識。

序盤飛ばしすぎて、そのペースを維持して前に出た後続に着いていけず…という流れが多いので、序盤抑えて前に出させて我慢するという作戦。


作戦は功を奏し、先日のヤビツでもナミさん相手にそれで千切ることができた。



f:id:katchunn:20170908110834j:plain

昨日は鹿野山。

斜度も距離も北海道の山岳ポイントと似ている宝竜寺を直前に登りたかったので、誘ったところカナイくん、ハタノくん、そして神奈川からあめちゃん、が釣れた。


予定があるため朝は早い。


そのせいか、それとも北海道を意識して緊張しているからか、シューズを忘れる。


まあ登る感覚わかりゃいいか、と諦めようとしていたらカナイくんがシューズを貸してくれた。

サイズは2つ小さいがなんとか履けた。

カナイくんありがとう。そしてごめんなさい。



車内にカナイくんを残して、ハタノくんとあめちゃんと宝竜寺口へ。


序盤抑える。


あめちゃんが前に出て、その後ハタノくんが出てペースアップ。

あめちゃんは当然着いて行き、僕も我慢したぶん着いていけた。


少しペースが落ちたところであめちゃんが前に出てそれなりのペースをキープ。

ハタノくんはなんとか着いて来ている、という感じだったが、まさかのここでペースアップ。

あめちゃんは見送ったが、僕はまだ余裕があったので着いて行く。


ダンシングを織り交ぜ休みつつペースを合わせる。

この時点で求めていたものは得られたので、前に出て引っ張る。


ビルドアップで残った脚を使い切るイメージで上げて行くとハタノくんの霊圧は消える。


最後は得意の山岳TTで単独で登り、タイムは14:38でベストを17秒更新。

セグメントランクは4→2位に。

今年中にはKOMとれそう。



北海道に向けての感触は良好。

Team GOCHIの下っ端として、フリーダムの新米として、脚力を示す絶好のチャンス。


全力でテッペン目指して来ます。



ではでは

病床の母の言葉

今日は雨ということもあり休息日。

 

 

そんなこんなで母が入院してから12日が経った。

 

昨日から管を外してマスクによる酸素供給が始まった。

前回とは違い今回は安定して自力呼吸できていて、体内酸素量も100%。

こうして、やっと掠れ声ではあるが少しだけ話せるようになった。

 

入院してから毎日片道30分車を走らせお見舞いをして様子を見ていたため、かなり感動した。

 

 

そんな母の第一声は、

 

「北海道、頑張れよ。」

 

ああ、母はこんなになってもやはり母なんだな。

 

 

妥協してよい理由は元よりなかったが、結果を残さなければならない理由が増えた。

 

不思議とプレッシャーや不安といった精神的マイナス要素は皆無である。

 

ツールド北海道まで4日。

 

頑張ろう。

 

 

ではでは。

9/5九十九折リピ

本当はツールド北海道にむけて鹿野山のリピートをしたかったのだが、鹿野山方面の天気が怪しかったのと、ウェットな路面が予想されるため九十九折に予定変更。

 

もともと一緒に鹿野山でイチャイチャする予定だったブチ君と潤井戸セブンで合流して九十九折へ。

 

ブチ君は登りが苦手とのことだったので、様子を見ながらまず二段坂。

ペースは大人しいときのフリーダム練を意識して、タイムは2:12。

ぎりぎりついてこれていたので、往路に関しては最終パックの集団には入れるだろうという感触。

 

九十九折は、ブチ君の提案を受け入れ1本目はTT、2本目以降は15秒ハンデをつけてスタート。

 

なんだかスイッチが入らないなあという気分。

案の定タイムは3:10。

 

2,3本目はハンデのおかげで10秒台前半をキープでブチ君と同着。

 

ここで峠の駅で一旦休憩。

f:id:katchunn:20170906114204j:plain

いちごミルク美味しい。

 

4本目に入るが、スイッチが完全に切れたみたいで、ブチ君に追いつけず20秒台。

 

プラン変更でブチ君とスタートして引っ張る。

5本目で走り方を見て、6本目はフリーダム練を意識して平坦までしばらく踏む。

 

登り終わりで2~3秒ほどのギャップができてしまっていたが、ちゃんと追いついて38km/hほどまで上げられた。

 

今月中盤くらいからフリーダム練に参加したいとのことだったが、来月中には最終パックで単独ビリにはならずゴールできるはず。

 

一人で走るときの留意点を伝え解散。

 

 

モチベーションの割にはいい刺激を取り入れることができた。

 

この場を借りて感謝。

ブチ君ありがとう。

 

 

次は木曜日に鹿野山。

ハタノくんとあめちゃんのイチャイチャクライムに混ぜてもらう。

ツールド北海道の山岳が緩斜面区間を除けば鹿野山宝竜寺口とプロフィールが似てるため、なるべくあめちゃんについて行って実践を意識して登りたいところ。

 

ハタノ君。

消えるなよ?

 

 

ではでは。

お詫びと朝練

まず、長らくブログを休んでいたことに対するお詫びをば。

 

ブログの休載に対するお詫びというのは、本来たくさんの読者が更新を楽しみにしているブログの作者がするものであるのだが…

このような弱小ブロガーがするものなのか?という疑問はさておき、休載の理由を説明する。

 

母親が緊急手術およびICU入院という事態になっていた。

 

先々週の金曜日、朝3時半頃。

父親からの電話で起床。

「母さんが危ない。今すぐ来てくれ。」

と、今にも消えそうな声で伝えられ、同居している祖父を起こして、実家の妹と祖母を連れて病院へ急ぐ。

ここのところ一か月くらい咳が止まらず、3か所くらい周った病院での喘息という診断を信じていたが、症状が悪化して大きい病院で受診すると、重度の肺炎との診断。

最初の病院では設備が足らないらしく、電話をかけて回っていると実家の最寄りの大学病院が受け入れてくれるとのこと。

そこで入院の手続きをしている途中に、手持ちで吸入していた酸素ボンベでは足りず、自力での呼吸ができなくなり、緊急手術という運びとなったらしい。

 

集中治療室の前ではただただ祈ることしかできなかった。

 

5時頃、執刀医の先生がでてくる。

「最悪の場合も考えていてください。我々は全力で取り組み、できうる限りのことを全て行います。」

頼もしいとはこういうこと。

医者というのはすごい存在だと改めて認識した。

しかし不安はそう簡単にはぬぐい切れず、先生お願いしますと一同でお願いすることしかできなかった。そうすると、

「もちろん頑張ります。ご家族の皆さんもこのような時間にいらして大変だとは思います。しかし、一番頑張っているのは患者様であるということを忘れないでください。全力で応援してあげてください。」

言われて気づかされるとはこのこと。

 

手術は形としては成功。

現状としては肺炎と、それによる心不全の併発。

それに伴う体力低下による多臓器不全。

人工心肺による生命維持という感じ。

機械による酸素供給量を100%にしても体内酸素濃度は70%を切る。

正常値は基本100%。

まだまだ危ない状況には変わりなかった。

 

しかし、翌日の面会時には酸素供給量を70%まで落とせて、目を開けてくれた。

母親の生命力のすごさというものを実感すると同時に、涙が止まらなかった。

 

現在はまだ機械は外せないが、少しずつ安定してきている。

 

 

SNSを通じて励ましてくれた皆さんには本当に感謝しています。

皆さんのおかげで毎日めげずに見舞いをして、トレーニングも続けて、万全の状態でツールド北海道に臨めそうです。

 

本当に、本当に、ありがとうございました。

 

これからも看病と練習に精を出し、どちらでもいい報告ができるようにしていきたいと思います。

 

 

 

そして今日はフリーダム朝練。

レーシングチームの多くは渡良瀬TTで不在。

レーシングチームはカナイ、ハタノ、ナギの三人。

てんちょはスローパンクのため練習には不参加。

 

ゆったりと進んで、2段坂では僕がペースを作っていると、ナギが横から出てくる。

が、平坦で上げきれなかったみたいなので先頭を引いて下る。

 

メンバー的には逃げもありだったのだけれど、そこまで元気はなかったし、店長も不在なので刺激を与える作戦に変更。

峠の駅の坂ではナギがペースをつくりそれなりのペースで登っていく。

 

が、ナギ君。

登り終わりで休むなとあれほど…

その後ろのカナイも合わせて休んで…

後ろから登り終わり踏め!!と怒号を飛ばしてやっと踏みなおす。

 

弱小体育会系部活の顧問がいない日とは違うんだぞ。

 

最後の緩斜面はみんなでローテを回す。

先週と同じくゴール400手前くらいでカナイがアタックをかけるが、すぐに反応した僕の気配を察知して黄金のタレ。

ちょいと早めに前に出てゆっくり速度をあげていくがついてこれないみたい。

 

往路終了。

 

 

復路。

原田は僕が引く。

原田の坂はエナツさんが早めに出て逃げようとするが、そこまで上げすに登っていた僕らからオオツカさんが飛び出して捕まえる。

登り終わる前に二人まとめて吸収し、少しペース上げようとするとカナイが上げ気味に横から出ていくのでついていく。

ここではほとんど千切れるような人はいなかったが、僕に胸の痛みの発生というアクシデントが…

そこまできついペースではなかったので、うまく休みつつ走っていると痛みは引いた。

が、恐らく極度に追い込むと再発しそうなので、九十九折は注意。

 

九十九折はオオツカさんがペースを作る。

斜度がきつくなるところでペースあげるが誰もついていく気配がないので、自分の胸を案じて”オオツカさんとのギャップを広げず、かつ後ろがついてこれるペース”を意識して登る。

 

登り終わった時点でオオツカさんとのギャップは5秒ほど。

後ろはカナイがついてきていた。

平坦でオオツカさんを捕まえて最後まで3人で。

 

最後は登りスプリント(前出て先行スプリントしてあげたかったが車多くてできなかった)で捲って復路終了。

 

 

帰りはTTを意識して40km/hくらいをキープして引く。

湾岸線に出てからは45km/hくらいで。

国道の最後でカナイがスプリントしかけてきたので、しっかり捲り返してあげて練習終了。

それなりに脚を使った後だったが57km/hくらいまでは出せて、もう少しゴールまで余裕があったらもう1段ギアを上げられたので、いまのところスプリントは60km/hというところかな。

…怪しいな。

いや、そういうことにしておこう。

 

 

家に帰ったあとは40分ほど昼寝して目が覚めて、おシャンティなことをしたくなった僕はスタバへ向かいこのブログを書く。

f:id:katchunn:20170903230020j:plain

新作のフラペチーノ。

さっぱりしていておいしかった。



これにて久しぶりのブログの幕を閉じようと思う。



でわでわ💨