三日坊主卒業チャレンジw

日記/ロードバイク/筋トレ/思ったことを主成分とする、かっちゅんの文章力向上委員会。

初参加バーニングマン2017はバーニングではありませんでした。

今日はビアンキ仲間に誘われた初参加のバーニングマンレース。

 

バーニングマンレース。

それは日本で一番暑いと名高き、埼玉は熊谷で夏真っ盛りの7月末に行われる変態レース。

しかし今日は終始曇り空で風も強く、午後は雨がぱらついたりでぜんぜんバーニングしなかった。

 

そんなバーニングマンだが、本当はソロで出ようと思ったけれど、普段一緒に走る機会を中々持てないビアンキ仲間からの誘いを受けたので、5時間(3+2時間)チームエンデューロの部に三人で参加。

 

メンバーである小久保さんは前回イヤーエンドエンデューロで力を出し切れずふがいない結果に終わらせてしまったという引け目があった。

同メンバーの川崎さんは普段ブルべがメインでレースで表彰台や入賞の経験がないとのこと。

 

俄然燃えてきた。

たとえ燃え尽きてでも、お二人を最低でも入賞まで導くという使命を持つには十分すぎる材料がそろった。

 

別にそこまで脚に自信があるわけでもないけれど、そうして適度なプレッシャーと使命感を持たなければきっとお遊びになってしまう。

それは嫌だし、なにより失礼。

 

 

作戦は、集団を削ったりするためのインターバルがお二人にはキツそうということで、午前の3時間は僕が1走を担い、食らいつきつつ集団を削るという作戦。

 

招集のタイミングをミスったぼくは前方3分の1くらいでスタート。

ローリングの間に前に上がりたかったけど、フラフラしてる人多すぎ。

ストレスを抱えつつ、スタート時よりは前に移動してリアルスタート。

 

直後に両サイドでがっしゃーん。

落車である。

上がっといてよかった…

 

そしてそこからどんどんペースは上がる。

なるべく早い段階で集団を削りたかったので、元気があるうちにコーナー後のインターバル等を全力でかけていく。

それを横目にアタックマン吉田パパがばんばん打ってくる。

 

ほんと元気すぎて目ん玉飛び出る。

飛び出ないけど。

 

そんなこんなで僕は打ち止めになり後方に下がることに。

 

しばらく休んでると集団が減ってることに気付く。

 

あれ…

 

吉田パパがいない!!!!

 

序盤一緒に前方でローテしていた長久寺の井桁さん(ピット後挨拶を交わして知り合った)に聞いたらどうやら中切れしたようだとのこと。

 

半周ほど休んだところで井桁さん飛び出す!!

すかさず追いかけるけど、ペースおかしくない?

あっという間に吉田パパ率いる先頭集団に追いついたけれど、その間1分ほど50オーバーの鬼引き。

 

ものすごーく申し訳なかったけれど、ついていくので精一杯でした…

 

そうして合計6名ほどとなって回していく。

その時点で1時間ほど経過していて、もう1周したら交代かな~と考えていたらいつの間にか後ろがいなくなっていた。

 

本当に申し訳なかったけれど、チャンスと開き直りTT突入。

そこから1周余計に走って1時間10分ほどで交代。

 

ギャップを生むことに成功していたので、スムーズに2位集団に入ってもらうことができ、いい感じのペースでお二人が奮闘してくださった。

いろいろなトラブルで3走が少し長くなってしまい、ラストのペースアップにやられ、2位に35秒差をつけられての3位で午前の3時間終了。

 

 

お二人と話していると、まさか3位なんて…このままいったら…と興奮している様子。

 

 

任せてください。2位まであげますよ。

 

午後は2時間ソロに黒澤さんが出走するとのことだったので、序盤で集団減るなと予想し、先頭で回して黒澤さんか吉田パパがするであろうアタックについていって少数で回して2位を食らうという作戦。

ここで2位が残らないと決めつけるのはよくないけれど、のこったとしても見逃していい理由にもならないので、そういう建前で臨む。

ここにきて緊張してきた先頭に並ぶ僕。

 

 

案の定描いた通りのシナリオになり、黒澤さんと二人で回していると後ろから吉田パパ含めた3人程が追いつく。

 

なかなかメイン集団とのギャップが縮まらなかったけれど、黒澤さんの強い引きで淡々と40~45km/hくらいで進む。

 

この逃げには作戦通り5時間チームは僕のみだったので、本当につらかったけれどくらいついて食らいつきまくった。

お邪魔させてもらってるのに中切れとかありえないし、何よりチームメンバーに申し訳ない。

 

そうこうしているうちに1時間が経過したので、ありがとうございました!と一礼をしてピットイン。

 

ぼくの泥沼のような根性走りは…

 

前半2位だったチームに1LAPを付けることに成功!!!

 

お二人がそのギャップを根性で守り切り逆転2位!!!!!

 

これほど嬉しいことはない。

最高の走りを提供できたと思う。

途中危なかったけれど、踏ん張って本当に良かった。

 

本日レースでご一緒させていただいた皆さん本当にありがとうございました。

とてもいいレースでした。

f:id:katchunn:20170729234703j:plain

副賞で地ビールゲット。

ちなみにこの副賞の存在を知ったのは昼休み。

 

え?

午後頑張ったのビールのためなんかじゃないからね?

 

 

…すみません。

お酒の威力は絶大でした。

正直に話したので許してください。

 

 

帰りは帰路が同じ方向のメンバーでステーキガスト

タンパク質大事。

 

 

食後は無事に助手席にのせていた美しい妖精を家まで送り届けた後、のんびり帰宅。

 

いい一日だった。

 

 

一応は明日のフリーダム練に参加するつもりだけれど、厳しそう。(笑)

 

どうなるかな。

 

 

 

ではでは!

迎えたのは天国の休暇ではなく

地獄の休暇であった。

というか、そうなった。



今日は大会前日ということでフリーダムに洗車をしに行った。

f:id:katchunn:20170728225208j:plain

レースにはピカピカで注油完璧な状態で臨むのがポリシー。

少なからず機材スポーツである面である以上、そういったところでの妥協はできる限りしたくない。



そして問題は洗車後の店長とのおしゃべりで発生する。


店長「ヒガシさぁ、普段うぐいすは週に何本九十九折やるの?」

僕「やって3本ですかね(盛った)…あまり走れなくて」

店長「じゃあ夏休みは10倍。30本ね。この夏でE3のメンバーをピンッと弾けるようになっときな」


盛らなきゃよかった😇

とはいっても20本だと緩い気もするし…


ちなみに九十九折は3分ちょいのまあまあキツイ登坂。

計算上は週に2回レストを入れるとすると10本一回5本4回。


えぇ、やったりますよ。


捉え方を変えれば僕にはE3をピンッと弾けるようになるだけのポテンシャルはあると見込まれてるということ。


最近は強い年下の子もどんどん頭角を現して来ているし、威厳を示すためにも頑張らねばならない。


かくして地獄の夏休みが始まるのでした。


来世も人間になれるといいな(?)



ではでは!

ハローサマーバケーション

夏休みが来ました。

昨日で前期のテストがすべて終わり、最後の夏休み突入です。



ここのところ乗れなくて、戦えなくなってるので8月で元に戻してさらに高みを目指し、9月のツールド北海道で勝てるように仕上げていく所存。



そして今日は夏休み祝いでニシとうぐいす!

のはずが、千葉市に入ったあたりから霧雨…雨雲レーダーには写ってない…

ニシ宅に近づくにつれ強くなる…


びしょ濡れになりながらニシ宅に到着し、外に呼び出して…


「どうする?」

「やめとこか」

「じゃ👋」


てな感じで、夏休み祝いライドはニシと会話する、たったそれだけのためにわざわざ濡れに千葉まで走っただけになりました👍

f:id:katchunn:20170728004406j:plain

うーん。

最高にクール。


まあ出だしが悪い分これからいいことがたくさん起こるであろう。


夏休みだからといってだらけず、働いて遊んで勉強して乗ってができるように頑張りたい。



頑張りたいって便利な言葉だ。



ではでは👋

久しぶりのフリーダム練

今日は久しぶりのフリーダム練。


楽しみにしていたが、

空はどんより

空気もどんより

脚もどんより

頭もどんより


…浮いた話もどんより…ってじゃかしいわ。



だけどフリーダムで集合した途端にパッチリ眼が覚める!!!

やっぱり仲間って大事。

そして、こうして他の人と走る機会を無駄にしてはならないと自分を鼓舞して練習に臨む。


今日はフリーダム初参加が一名。

練習開始地点での休憩時間にその人を見極める店長タイム突入。(バジリスクタイムじゃないよ)


店長「レースとかってどんな感じ?」

その人「これからも続けて行きたいなって思ってます」

店長「(こちらを向いてニッコリ)そかそか、じゃあ速くならなきゃだね!」

その人「はい、速くなりたいです」

店長「(こちらに微笑みかけながら)だってさ!」



あー…

なんかこのシチュエーションどこぞのニシなんとかのブログで見たな…

こんな気持ちなのか…

と、ニシなんとかにアイコンタクト。


ぼく(あぁ、こんな気持ちになるのね…笑)

ニシ(そうそう、わかってくれた?笑)

ぼく(あぁ…十分伝わったよ…)


勝手に頼られてる気になって嬉しくなり武者震いしつつも、チキンハートの振動数が高まる。



そんなこんなで練習スタート。



向かい風のせいで(おかげで)ゆったりめのペースで進んで行く。

スムーズに進行して2段坂へ。


マルさん、新人さん、エナツさん、僕の順。

店長から「ヒガシはカナイと組んで行け」と言われ、ここで新人さんに一段上の世界を見せてあげようと意気込んだが、エナツさんの中切れサインを受け取り追いかけるが


縮まらない


あれ?縮まらない…


マルさん踏みスギィ!!!


追いついた直後(斜度一気に上がるちょい手前)くらいにマルさんタレ始め、新人さんが前に出ようとするが中々ペース上がらなさそうな感じだったので、いい感じにペースアップしてた僕はそのままカナイくん連れてパス。


ちなみに後ろ向く余裕はなかった。


そのまま坂は最後まで引いて、ローテ回したところで僕、カナイくん、ニシの3人列車になったことを把握。


向かい風と戦いながら平坦こなして下る。


ちなみに2段坂は…f:id:katchunn:20170723191546p:plain

さらにちなむとニシとカナイは1秒差のKOM😡😡😡

激おこプンプン丸だょ!(死語)


まぁこの借りはいつか返すとして練習レポに戻る。



下り終わった後平坦を3人で回すがカナイくんが先頭に出た瞬間に交代要求。

嫌な予感はしつつもローテして僕が先頭でチョイ登り(500mくらいかな?)に入る。

頂上付近でニシが横から出つつ「ペース落ちてるよ」


「わかってるやぃ」


前に出てもらって、ゆっくり登り終わる。

が、降った後の信号に引っかかる…

そこで背後から気配が…



マルさん!!

単独!

速スギィ!!!


3人になった列車は緩斜面をニシと2人でローテしながら進んで行く。


足が回復したらしいマルさん、最後尾からそろーっと出てくるが、速度差もあまりないので後ろに2人でつこうとした。


が、あれ?縮まらない?デジャブ?


向かい風緩斜面を1人で重いギアでゴリゴリ進むマルさんを先頭に5m空けてニシ、さらに3m空けて僕と行った構図。


僕視点で言うと、3mが縮まらない…

しかしニシも1人で追いかけるのが限界みたいで交代サインを出す。


そんな近くにいないんだよなぁ😇


とは思いつつ少なからず風の恩恵を受けてる僕は死にそうになりながら前に出る。


そのタイミングでマルさんタレ始めたのでパスしようと横に並んだ瞬間…


なんとマルさん踏み直す…


嘘やろ…と思ったけど脚を止めるわけにも行かなかったので僕も踏み直すとなんとかパス成功。


あとはそのまま千切って僕を先頭にゴール。

ニシはスプリントする準備はしてたみたいなことは言ってたから多分僕の負けだったろうな…

巡航でかなり限界だった。


でも2段坂から始まりこれだけ練習を先頭で動かせるようになったってのは嬉しい。



そして復路。

復路は初っ端から5分くらいの登坂があるのだけれど、その時点でニシについて行くのが精一杯。

かなり脚が重い。


ニシに期待しないでくれとの旨を伝えると、「任せろ全員葬る」との頼もしいお言葉。


おそらく九十九折で千切れるだろうから、それまでは頑張ってローテに参加しようと決意。


何個かの坂でちゃんとついていき、九十九折でペース上げられず千切れて練習終了。



f:id:katchunn:20170724160953j:plain

過冷却コーラ。最高。



未だ立ちふさがる壁は高いことを再認識し、ツール・ド・北海道までには脚力を仕上げていきたいところ。



夜はニシとビール100円キャンペーンにあやかりに土間土間へ。

f:id:katchunn:20170724161147j:plain

結局11杯飲んでしまったが、それでも1100円という驚きの価格。

食べ物はタンパク質中心に摂取。



ちなみにこのキャンペーンは27日まで数店舗限定で行われてるので、興味ある方は行ってみてください😊



ではでは🙌

おや、筋トレの様子が…

あんまり書くことないけどとりあえず。



最近トレンドのポケモン


ここまで言えば表題の意味がわかるはず…



そう、そろそろ回数増やせそう。


今日は久しぶりの自転車な上に時間なしだったので30kmちょいの近所徘徊コース。


さすがに運動量的に足らないと感じて、帰宅後いつもの筋トレ2セット。


2セット終わったところで、いつもより余裕を感じた。



・腕立て…1セットにつき10回もしくはもう1セット増やせそう


・腹筋…キツイけど10回プラスもしくはもう1セット行けそう


・背筋…回数は全然増やせるけど、あげられる位置が高くなった



こうして顕著に効果が出始めた。

キツイメニューと言うほどでもなく良い感じに刺激を与える筋トレなので、日常生活においても筋肉の柔軟性があがってるのを感じることができた。


筋肉って大事だなぁとしみじみ。


自転車に関しては、どんどんスプリントが全身で踏めるようになってきた。



うん、筋肉って大事だなぁ(2度目)


自転車乗りはあまり筋肉をつけたがらない傾向があるみたいなので、そういった類のライダーとくらべてレースにおけるパフォーマンスがどう変わってくるかというのも興味深い。


自分に関しては今の所一切足かせになっている感覚はないので、引き続き筋トレ及び体幹トレーニングを続けていこうと思う。


次の進展をお楽しみに💕



ではでは🙌

せんしゃ

戦車じゃないよ洗車だよ。



昨日は疲労度をみて7時間睡眠をとったけど…


今日起きて、まあ身体の重いこと脚の重いことお尻の重いこと。


物の見事に全身に疲労を蓄え、精神的に重戦車と化した。



…と、言ってみたくなっただけなんだけど、そしたらせんしゃ→戦車もあながち間違いではないかも…と自分で気付かぬうちに貼った伏線に感動しつつも、重戦車と言えるだけのパワーがついたわけでもないし…


と、1人でありもしない壁と戦った時間がブログ書き始めの30秒には存在した。



というわけで洗車。

f:id:katchunn:20170718234516j:plain

フリーダムで洗車したけれど、写真撮り忘れたので家の中でドライブトレインにフォーカス合わせて撮影。



ここんとこタイミングが合わなくてなかなか洗車できてなかったから、すごく気持ちがいい。



もうすぐ乗り始めて2年になる愛車。

こいつといろんな経験をした。

痛い思いもたくさんさせてしまった。


最近ネットで一部の人に叩かれがちだけど、こいつが今の俺にとってはワールドベスト。


次の一台もビアンキがいい、というのが今の気持ちだけれど、次の一台の前までにこのニローネをもっと表彰台の高いところに連れてってやりたい。


頑張らねばな。



ではでは💪

房総ライド〜ロードバイクってすげぇ〜

今日はロードバイク安房小湊へ行って来ました。


うぐいす〜清澄養老〜粟又の滝〜おせんころがし〜清澄山〜清澄養老〜うぐいす

という総距離184kmのルート

f:id:katchunn:20170717231723p:plain


朝、潤井戸のセブンイレブンにて集合し、うぐいすラインを走り始める。

本日は究極の鉄下駄仕様なので、頑張るのは行きのうぐいすだけにしようと決めていたのでがんばる。

が、2段坂で自分では割とキツめにがんばったが、一緒に練習走行していたミヤとニシの2人には「いい練習」程度にしかならなかった…

そして想像以上のホイールの重さにしんどみが強くなって、2人についていく程度でうぐいす終了。


ホイールって大事だなと思いましたまる


そして原田のセブンで早々に過冷却コーラをみんなでぶっこむ。

f:id:katchunn:20170717232828j:plain

そう、今日は暑すぎたのである。


一服して今度は清澄養老ラインを通って養老渓谷の粟又の滝へと向かう。


ここからは基本的にゆるぽただが、ニシとミヤは永遠にドンパチしていた。

ここで、僕だけ何もしないのはつまらなかったので、ついていけないなりに全ての坂をアウターでケイデンス低めに踏んで筋トレをしていた=気持ちいい(バカ)


そんなこんなで途中休憩ポイント月崎駅(小湊鉄道)に到着。

f:id:katchunn:20170717233153j:plain

雰囲気で伝わるかもしれないけれど無人駅。

電車に乗って車掌さんから切符を買うか、回数券をちぎってもらうか。

その上単線であるため、さながら千と千尋の何とやらの世界な感じ。(往復できるから正確には違うけれど)


ちなみに、電線は通っておらず、電車ではなくディーゼル機動車である。


まだ乗ったことはないけれど、土日(だったような)はサイクルトレイン(自転車をそのまま持ち込める)をやっているので、いつかは利用してみたいところ。




休憩の後養老渓谷へ向かう。


道中小湊鉄道の線路と並走する区間があったが、とてもじゃないけど鉄道が走っているようには見えない狭い感じ。

乗ってたらめまぐるしく変わる景色を見るだけでも楽しそうだと感じた。


そして養老渓谷駅到着。

f:id:katchunn:20170717233802j:plain

奥の看板にもある通り、冬場は足湯もやってるみたい。


養老渓谷で有名な粟又の滝はここから少し離れていて、電車で来た人はバスで移動するみたい。


僕らは自転車で向かったけれど、バス停から滝までは悪路をそれなりに歩くらしく、ビンディングシューズで歩きにくい僕らは遠目に見て満足し、昼食タイム。

f:id:katchunn:20170717234124j:plain

バス停のとこにある食堂にてとろろ蕎麦。


夏のとろろはたまらんね。



昼食を摂ったあと、あーだこーだしながらポタポタして…

f:id:katchunn:20170717234342j:plain

f:id:katchunn:20170717234410j:plain

おせんころがし。

勝浦と鴨川の間の海岸沿いにある絶景ポイント。

トンネルとトンネルの間の一瞬に海岸沿いに出る道路があり、そこを走るとこのポイントにたどり着く。


千葉っていいなぁ…と再認識。



とまぁ…そんなこんなで…


1つ重要なことを忘れていてだな…


今日、海の日なんだよなぁ…




f:id:katchunn:20170717234712j:plain

はい。入って来ました。

一番右僕だけど、なんだかんだ背中がデカくなっててとても嬉しい😍


このあとしっかりみんなでドボーン!をしたけれど、無料シャワーがあったのでそこで海水を流し、強い日差しですぐ乾いてくれたので比較的ストレスフリーに帰路につけた。


帰りは清澄山を登ってから行きの道に戻り辿って帰るというコース。


まあ山ではついていけないことは明白だったので、アウターで登ることに。

重かったけれど、正直神奈川と山梨の県境の明神をインナーローで踏んでる時の方がキツかったから楽しめた。


慣れって怖いね。



その後もニシとミヤのドンパチを観察しながらアウターで踏み踏みしながらうぐいす復路の入り口の原田セブンに到着。


(到着前のタイミングからニシがアシストし始めてくれて、ペースが上がらない僕に補給ゼリーを渡してくれた。

なんかプロのレースっぽくてカッコいいなぁ…なんてガキみたいなことを思っちゃったのは内緒ね。)



疲れているというのに、この時点でかなり陽は傾いていたのも相まって急性うぐいす走りたくない病にかかったが、医者の卵ニシが瞬間的に完治してくれてすぐに復路スタート。


原田の坂はなんとかアウターで踏み切り、問題は九十九折。



結果としてアウターで登れた。

だが、練習強度でアウターローでギリギリの速度なので、極度にケイデンスが落ちてめちゃくちゃいい筋トレになった。


あとはみんなで回してゆっくりしてるうちに潤井戸到着。


その後、早く帰りたいミヤと別れて残った三人で八幡屋へ。

f:id:katchunn:20170717235552j:plain

原点回帰の魚介豚骨。

めちゃくちゃ美味。

圧倒的優勝。



美味しいものを食べて動きたくなくなったが、ここで落ち着いてしまったら終わりだと疲れた体に鞭打ち即帰路へ。


千葉まではニシが全引きしてくれて、楽に走れた。

本当にありがとう。



千葉からは、1時間ほど前から充電してくださいと言ってるガーミンにあせらされながら、なんとか電池が切れる前に帰宅。




一言でまとめるならば疲れた。


海ではしゃぎすぎたからだなぁきっと。笑



だが、それと同じくらいに楽しかった。

みんなと長距離走るとあっという間だし、時間を忘れられる。

また走りたいな。



今週からテストが始まり出すので、卒業するためにもちゃんとこなしていかなければ。



ではでは🙌